シニア男性

いらなくなった鉄道模型は専門店に売ろう|買取サービスで処分できる

取り扱いには注意が必要

男女

中国切手は日本以外にも中国で人気とされています。そのため、いらなくなった中国切手は買取専門店に持っていくことで、きちんと買取ってもらうことができるのです。物によっては価値が異なるため、丁重に扱うことが重要です。

詳細を読む

専門店で査定してもらう

男の人

中国人が日本に訪れた際に中国切手を購入することから、現在では中国切手を買取を行なうお店が増えているのです。日本には沢山の中国切手があり、中には高額なものまであるとされているため、一度査定してもらうとよいでしょう。

詳細を読む

サービスを利用

ワーカー

飲まないお酒を処分したい場合は、買取専門のお店に行って査定してもらうことが可能です。お酒にも様々な種類がありますが、どんなお酒でもきちんと買取してもらえるため、買取方法などを知っておくと便利です。

詳細を読む

中国でも人気

ワーカー

中国切手の人気について

中国切手や日本切手など切手を収集する人は切手ブームの時代には多くいました。日本切手における切手ブームというのは、1960年代から1980年代にかけてと言われていますが、中国切手のブームについても同時期だと言います。因みに、日本切手は郵便局で購入が可能ですが、中国切手というのは専門店に行かないと手に入れることは出来ないという特徴が有ります。そのため、中国切手を保有する人の数というのは日本切手と比べると少なく、希少性を持つのが特徴です。また、中国に住んでいる人々が日本に訪れて中国切手を購入するとも言われており、切手ブームが去った現代においても人気が高くなっています。そのため、購入だけではなく買取を行う専門店も多く有るのです。

買取の査定を行う専門店について

1949年に中華人民共和国の設立が行われましたが、この時期以降に発行された切手は人気が高い事からも買取査定などにおいて評価が高くなっています。また、1960年代後半から1970年代前半の中国切手は文化大革命の時代でもあり、この時期は日本の切手ブームが起きた時代と重複していますが、買取においての査定も高くなります。尚、切手は状態に左右されるものであり、切手の四隅にある目打ちの状態、日焼けなどの有無、色あせ、汚れ、裏面の糊の状態など様々なコンディションが査定評価に影響を及ぼします。そのため、買取を利用する場合には収集していた時と同じ状態で持ち込む事が買取査定評価を高めることが出来るため、ストックブックに収めたままで持ち込むのがお勧めです。

切手以外の買取も可能

現在では、切手以外にも鉄道模型や骨董品などの買取を行なう専門店も増えています。鉄道模型や骨董品の中にも価値があるものが多いためきちんと買取ってくれるのです。処分に困った場合は、一度専門店に持って行き査定してもらうとよいでしょう。